2010年06月18日

<厚労相研究会>貧困による損失を数値化 初の推計(毎日新聞)

 国民の最低限度の生活基準を見直す長妻昭厚生労働相の「ナショナルミニマム研究会」は18日、就労支援を受けた若者が正規社員として65歳まで働き続けた場合、支援を受けず65歳まで生活保護を受けた場合より、最大1人当たり1億円が国や自治体のプラスになり得るとの推計を発表した。貧困による損失を数値化した初の推計。研究会は、中間報告もこの日まとめた。

 推計は研究会メンバーの阿部彩・国立社会保障・人口問題研究所部長らが、07年国民生活基礎調査などを使い、数種のパターン別に行った。65歳まで賃金上昇率などがゼロという前提では、18歳男性が2年間で458万円の就労支援を受け、その後正規社員として65歳まで働き社会保険料や税金を払った場合は、支援を受けずに保護を65歳まで受ける場合に比べ、最大9374万〜1億1005万円が国や自治体にプラスになり得るとした。納める社会保険料と税金、不要となる生活保護費の総計から就労支援費を引いた。

 一方、中間報告は、最低限度の生活基準を「生活保護だけでなくあらゆる社会保障制度や雇用政策の設計の根幹」と表明。食料や被服、消費財などの最低生活費と、生活に不可欠な医療など社会サービスで構成するとした。また、「地方自治体の判断で下回ることのできない最低基準」とし、国が最低限度の生活基準を設定する責任を明確にした。【野倉恵、東海林智】

【関連ニュース】
公益法人:OB役員ポストも公募へ 長妻厚労相
派遣法改正案:今国会の成立困難に…長妻厚労相
長妻厚労相:「子ども手当満額断念」
口蹄疫:雇用調整助成金支給要件を緩和 厚労相
事業仕分け:厚労相、安全ミュージアムの「廃止」明言

東名で車両火災、牧之原―袋井間が通行止め(読売新聞)
30分前に不審者目撃 東大阪・なた男切りつけ(産経新聞)
総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 「日本人になりすませ」 文科省への電話指示、ノルマも(産経新聞)
山田農水相、IWC総会欠席=「口蹄疫問題、予断許さず」(時事通信)
パロマ事故、札幌訴訟も和解へ=地裁が勧告、条件協議(時事通信)
posted by ヒヨシ ツネオ at 22:04| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。